July Event schedule

c0315913_13053935.jpg

[PR]

by zippykids-3 | 2016-07-31 21:45

7月29日 Special event MEGMILK tour

千葉県野田市にある「メグミルク野田工場」へ見学に行きました。こ
の日は真夏日でとても暑い1日となりました。帽子、水筒を持っていざ出発!
移動はバスと電車に分かれました。電車組の子たちには出発前に「勝手にどこかへ行かない」「電車内では騒がない」ということを確認しました。
施設から約1時間、まずは工場近くのコミュニティ会館で昼食を取りました。3店舗集まるとすごい人数です。
久しぶりに会えたお友達や同じ保育園のお友達とも再会していつも以上に楽しそうでしたね。

f0225094_18254465.jpg
13時の見学時間に合わせて工場へ向かいました。立派で広大な敷地にある野田工場は東京ドームの1,5倍の広さを持つ牛乳工場といわれているそうです。
大きな牛乳パックの置物と一緒にまずは集合写真撮影。
その後は、メグミルクの歴史、牛乳の作り方などのお話しを聞きながら牛乳の試飲をしました。
「学校で飲んでるのと一緒だ!」「いつもより甘く感じる!」とあっという間に牛乳を飲み干していましたね。
お話しとビデオ上映が終わると2班に分かれて工場内の見学スタート。

f0225094_18254437.jpg
f0225094_18254456.jpg
f0225094_18254418.jpg
製造棟から殺菌室、コントロールルーム、生産ラインなどをガイドさんのお話しを聞きながらまわっていきます。
工場内はあまり従業員がいなく、ほとんどの作業を機械が行っていました。
朝から晩まで機械を動かして製品を製造し、夜間は機械の洗浄を行い、また翌日製造してということの繰り返しのようです。
洗浄についても機械化されているので、ボタン1つで洗浄できるようです。工場ではメグミルク牛乳をはじめ、ジュース類やコーヒー・紅茶など様々な飲料を生産しています。
ガラス越しの見学でしたが、安全な牛乳を消費者にを届けるため、厳しい衛星管理のもとに製造していることがよくわかりました。
お土産にDoleのフルーツジュースと牛乳パック型の消しゴムを貰い、大満足の工場見学となりました。
f0225094_18254430.jpg
f0225094_18254424.jpg

[PR]

by zippykids-3 | 2016-07-29 18:28

7月25日 Water play

本日はイベント“Water play”、水遊びイベントの日。今日は朝から雲の多いお天気で、最高気温も29℃くらいと少し涼しかったですね。時折薄く日差しが差し込む時間帯もありましたが、夏らしいジリジリとした暑さには程遠い、そんな一日でした。せっかくの『水遊び』にはちょっと残念な天気となってしまいました。とはいえ、「今日、水遊びいくんでしょー♪」や「水鉄砲持ってきたー!」と気合十分に通室してくる子たちがたくさんいましたね。うーむ、さすがに子どもたちは元気です。
お昼を食べた終わった子から、順次水着に着替え出発に備えます。今回は車4台に分乗し、北区にある『田端新町公園』を目指します。この公園は、7月中旬から8月末まで水遊びができる公園として開放されているようです。こじんまりとした公園ですが、中央に噴水があり、一番深いところでヒザ程度の水かさといったところでしょうか。小さい子が水遊びをするのに丁度いい感じの公園ですね。施設からは車で約20分。公園に着くなり子どもたちはさっそく水の中へ。「つめてー!」と言いながらも果敢に奥へ奥へと攻め込みます。着いたときは何人かいた他の人たちも、いつの間にかどこかへ行ってしまい、すっかり貸切のようになっていました。

c0315913_8323299.jpg

c0315913_8324719.jpg

c0315913_8337100.jpg


 噴水から溢れる水の下に入っていったり、水を掛け合ったり、水鉄砲を代わる代わるに打ち合ったりと、中には全身水につかって泳いでいた子もいましたね。当初、水遊びの時間には40分間を予定していましたが、寒そうにしている子もいたので、水につかる時間を少し早めに切り上げ“Water play”は無地終了となりました。「もっと遊びたかったー!」や「去年の公園の方が広くて良かったー!」という声もありましたが、次回はもう少し気温が高い時に訪問したいですね。“Water play”イベントについては来月も実施する予定となっていますので、次に期待ということで、次回をまた楽しみに待ちたいと思います。Fun in the sun〜♪

c0315913_8332380.jpg

[PR]

by zippykids-3 | 2016-07-25 20:30

7月22日 Nagashi Somen

今日はイベント“流しそうめん”の日。朝から雨が降ったりやんだりとスッキリしないお天気でしたね。せっかくのイベントなので青空を望みたいところですが、炎天下で猛暑になることを考えれば、今日のような涼しく過ごしやすい気温で正解だったのかも知れません。雨も小雨が少しだけ降ったりやんだりを繰り返していたのでイベント中はさほど気になることはありませんでした。

c0315913_1342866.jpg

c0315913_13422325.jpg


『流しそうめん』は高いところから低いところへ麺を流すその特性上、どうしても、高いところに箸が届かない背の低い下級生が下流、背の高い上級生が上流ということになります。「早く食べたーい!」、「はーい、流しますよー!」、「下まで流れて来なーい!」・・・・で、「上の方の子は一旦食べずに下に流してあげてー!」ということに・・・・。下級生に気をつかう上級生、すばらしいですね。「上手く取れなーい!」などの叫び声も時折飛び交いながらワイワイわいわい。みんな上手にそうめんを捕らえることができたでしょうか。

c0315913_1342476.jpg


途中、竹が外れてそうめんが地面に落下、なんていう場面もありましたね。「あー、落ちた!」「水かかった!」などという声も聞かれましたが、それらも含め、今回のイベント『流しそうめん』は、みんなで楽しく過ごすことができたのではないでしょうか。

c0315913_1343774.jpg

[PR]

by zippykids-3 | 2016-07-22 20:40

7月20日 Water Balloon

本日はイベント“Water Balloon”の日。近所にある小さな公園を使い、ずぶ濡れ覚悟で水ふうせんをぶつけ合います。用意した水ふうせんはおよそ80コ。イベント前に台所でひたすら水ふうせんを作ります。数名の女子が「作るの手伝う」と言ってくれたのでとても助かりました。作る最中に破裂なんてハプニングもありましたね。手伝ってくれた子たち本当にどうもありがとう。

c0315913_1337784.jpg

c0315913_1337279.jpg

c0315913_13374686.jpg


さて今回の“Water Balloon”は2チームに分かれて互いに相手に知らせずに大将を決め、大将がずぶ濡れになった時点で勝負あり!というルールで行いました。各自、水ふうせんを2コ持ち、イベントスタート。一斉に投げ合い、地面に落ちた風船はどんどん破裂。水が飛び散ります。しかし、相手に当てるのは思いのほか難しく、風船はむなしく地面に落ちるばかり。またそんな中、見事、身体にヒットするも風船が割れずに跳ね返るという事態も多発。結局、濡れるのは足元ばかりで、ずぶ濡れ覚悟でイベントに臨んだ子どもたちは、すっかり肩透かしという結果になってしまいました。

c0315913_13382919.jpg
c0315913_13381761.jpg


「もっと濡れたかったー!」「せっかく着替えまで用意してきたのにー!」との声が多くの子から聞かれました。申し訳なかったです。次回はもう少しやり方やルールを変え、もっと楽しめるよう工夫が必要ですね。今回の反省を生かし、次回につなげていきたいと思います。あるかどうか分かりませんが、“第二回 Water Balloon”に乞うご期待!ということでどうぞよろしくお願いいたします。

c0315913_1338473.jpg

[PR]

by zippykids-3 | 2016-07-20 20:35

7月15日 Science experiment

本日はイベント理科実験教室を行いました。今回はプラスチックの一種であるポリビニルアルコール樹脂を材料に用い、水を吸収することでゼリー状に変化するその性質を利用しての『バウンドボール』作りを実施。粉状の材料がどのようにボールになるのか簡単な説明を最初に行い、実際に『バウンドボール』が作れるのか実験スタート。

c0315913_1984585.jpg

c0315913_19931.jpg


きれいな球状にする為の容器に4色の材料を好きな順番に入れていきます。この順番が出来上がりの模様を左右するのですが、それは出来てからのお楽しみ。容器一杯に材料を入れたら水に浸けて3分間。水から上げた後、さらに5〜10分待てば、ハイ!『バウンドボール』の完成です。みんな上手くできましたね。とってもカラフルなボールがたくさん出来上がりました。

c0315913_1992164.jpg

c0315913_1993586.jpg

[PR]

by zippykids-3 | 2016-07-15 20:07

7月13日 Snack cooking

今日はイベント“Snack cooking”の日。おやつ教室ということで、今回のcookingは『かき氷』です。電動のかき氷器を使い各自で自分のかき氷作りに挑戦します。「自分で作るの初めてー!」という子もいましたね。かき氷作りは昨年も実施しているので、要領の分かっている子が「わたしも手伝う」と先生のお手伝いをしてくれました。さすが上級生ですね。昨日まではけっこう暑い日が続いていたのですが、今日は生憎の雨で少し涼しめ。「今日なに作るのー?、かき氷!?、えー、かき氷って気分の天気じゃなーい」という声も案の定ありましたが、その一方で「やったー、かき氷大好きー!」という声も。多少涼しめではありましたが、かき氷オイシイですもんね。特に自分で作ったかき氷というものは、市販のものとは一味違う何か特別はものがありますから。いつもは常にスイッチONのエアコンを、あえてOFFにし、少しでも気分を盛り上げて、さあイベントスタート!!

c0315913_1941033.jpg

c0315913_1942691.jpg


「おれ一番!」「あたしもやりたい!」と始めたとたん一斉にみんながかき氷器に群がります。「順番に並んでくださーい」と、列を作り、いよいよかき氷作りの開始です。機械の中に氷を入れてスイッチON。ガガガ、シャリシャリシャリ、グッグッグー。「次オレー!」「早くやりたーい」と声が飛び交う中、シロップをかけてオリジナルかき氷完成。このかき氷作りの最大の利点はシロップの量を自分で調節できることですよね。「もうちょいシロップ入ってたらなぁー」と、縁日などの『かき氷屋さん』で感じたことってありますよね。そのせいか、ついつい多めに入れすぎちゃうという子が結構たくさんいたようです。「それ、シロップかけ過ぎじゃない?」「いいの!これで!」「うまーい!」と満足そう。今回用意したシロップは、イチゴ、メロン、レモン、ブルーハワイの4種類。『イチゴとメロン』や『レモンとブルーハワイ』など2種類の味を楽しむ子が多かったですが、中には4種類のシロップを少しずつかけ、「レインボー!!」と言っている子も。「オレもレインボーで!!」「あたしも!!」と、その子の後にはちょっとしたレインボーブームとなっていましたね。実際には4種類なので、レインボーにはちょっと足りないんですけどね・・・・・・(笑)。

c0315913_194574.jpg

c0315913_1951772.jpg


「もっと食べたーい」「おかわりしたーい」と、3回もおかわりした子がたくさんいましたね。盛況な盛り上がりをみせ、イベントは無事終了したのでした。かき氷作り楽しかったですね♪

c0315913_1953970.jpg

[PR]

by zippykids-3 | 2016-07-13 20:01

7月11日・12日 Art activity

イベント週間第一弾の本日は“Art activity”こと工作教室。今回は、乾くと木になる?不思議な粘土『もくねんさん』を使ってのオリジナルえんぴつorキーホルダー作りです。この粘土は、えんぴつ工場から出るおがくずをリサイクルしたもので、乾燥すると本当に木になるようです。へーこういうのがあるんだぁ〜。初めて知りましたね。

c0315913_18102220.jpg


まずはみんなに粘土を配り説明から。キーホルダーを作りたい人のためには動物などを形どった型が10種類ほど用意されています。「オレ恐竜にしよー!」「あたしイルカー!」と、子どもたちは楽しそうに制作に取り組んでいました。型から粘土を剥がす作業は意外と難しく、せっかく型どった動物の顔が歪んでしまったりと失敗もあったようですが、そこは粘土なので何度でもやり直しがきき、最終的にはみんなステキなキーホルダーを作ってくれました。型を使わず完全オリジナルの子もいましたね。また、えんぴつ作りに挑戦する子にはまず、えんぴつの芯を配ります。粘土を平らに伸ばし、中に芯を入れクルクル巻いて出来上がり。こちらは型など無いので、出来上がりは完全に個人のセンスです。短いのあり、長いのあり、曲がったのありと、色々な作品に仕上がりましたね。

c0315913_18112839.jpg

c0315913_18114397.jpg


「粘土が余ったので両方やっていい?」という子や「キーホルダーたくさん作るー!」という子もおり、結局ひとりで数個の作品をほとんどの子が作っていましたね。みなさん納得のいく作品は出来ましたでしょうか。
今回の粘土は完全に乾くまで2〜3日かかるとの事なので持って帰るのにはもうしばらく時間がかかります。完全に乾くまでみなさん楽しみに待っていてくださいね。また本日、通室していない子や習い事のためイベントに参加できなかった子は、明日も工作教室の時間を取る予定です。簡単ですごく楽しいと思いますので、ぜひやってみてくださいね。Let's enjoy the art activity 〜♪

c0315913_18121632.jpg

[PR]

by zippykids-3 | 2016-07-11 20:07

7月7日 Star festival

今日はイベントの日。“Star festival”こと七夕祭です。「七夕って知ってる?」と、クライド、ザリナ両先生に尋ねると、「何それ??」との事。調べてみると、日本以外では中国、韓国、台湾と東南アジアの一部地域での風習ということらしいです。“Star festival”という言い回しも二人には「???」だったようですね。

c0315913_20573348.jpg

c0315913_205802.jpg


本日は七夕ということで、各自に笹と短冊を配り、願い事と飾り付けを行います。まずは七夕の元となった織姫と彦星のお話を朗読して聞かせます。話の概略は次のとおり。
天の神様には織姫という名の娘がおり、織姫は機織が上手な働き者。神様は一人ぼっちの娘のために、天の川の対岸にいた同じく働き者の彦星を紹介します。二人は結婚し夫婦となりますが、結婚後は二人で遊んでばかりで全く働かなくなってしまいます。怒った神様は二人を天の川の両岸に離ればなれにしてしまいます。とても悲しむ織姫をみかねた神様は、きちんと働くことを条件に一年に一度だけ二人が会うことを許します。七夕の日に雨が降ると、天の川の水かさが増し、渡ることが出来なくなりますが、そのときはカササギという鳥が羽を広げて橋を作ってくれる。というお話。
朗読後、このお話の教訓を子どもたちに問うと、「サボってはいけない」「サボるとバチがあたる」などと、きちんと理解をしていました。七夕の願い事については元々織姫にあやかり機織や裁縫の上達を願っていたものが、時を経て書道や芸事の上達なども加わり、現在では諸々の願い事をするようになったこと、笹に短冊については江戸時代に寺子屋で学んでいた子が習字が上達するようにと飾ったのが始まりらしいなどの話をし、その後、願い事を書き込んだ短冊を各自の笹に飾りイベントは無事終了しました。

c0315913_20584068.jpg

c0315913_20585346.jpg

c0315913_205986.jpg

[PR]

by zippykids-3 | 2016-07-07 20:54

7月6日 Dance

今日はイベントの日。月に一度の割合で実施を行っているダンスの日です。毎回子どもたちと一緒に踊ろうと試みるものの体力的な問題から途中で断念するという情けない結果となっているダンス。さて今回はいかに・・・・。

c0315913_20515623.jpg


16時、ダンス講師のイーディー先生が登場。先月買った新しいCDラジカセが今回も活躍します。全員が集合し、まずは準備体操から。“Around the world”の曲に合わせて柔軟体操。男子に比べ女子は身体の柔らかい子が多いですね。こちらは足を開いただけで内モモに痛みが走ります。「腕をまわしてー」「腰をひねってー」「前に倒すー」うぐぐ・・・・この段階ですでに体力の半分を失っています。

c0315913_20525974.jpg


2曲目は“ボヨヨン”。曲に合わせてジャンプジャンプです。お次は、いつもならこの辺りで鳴子の投入となりますが、今回はソーラン節。イーディー先生から「次はソーラン節やります」の声が掛かると、「あー知ってる!」「学校でやった!」「やりたーい!」と多くの子が喜んでいました。学校の踊りとは振りが少し違ったようですが、「どっこいしょー、どっこいしょ!」とカッコ良かったです。ソーラン節の途中でこちらの体力はゼロになり、ダウンとあいなりました。続いて“銀河鉄道999”。なんといっても見せ場は側転。バッチリ決めることができたでしょうか。

c0315913_20533477.jpg
c0315913_20532170.jpg


それにしても“銀河鉄道999”といえば個人的にはゴダイゴですが、ダンスの時はやっぱりEXILEがいいですね。最後に“ケチャップ”。「ワン、ツー、スリー、ハイ!」これはノリノリの曲でしたね。ザリナ先生もノリノリ。おつかれ様でした。
[PR]

by zippykids-3 | 2016-07-06 20:50